スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


与党、11日の首相の所信表明演説を提案(産経新聞)

 与野党の国会対策委員長が9日午前、国会内で会談し、民主党の樽床伸二国対委員長は、菅直人内閣発足に伴う衆参本会議での首相の所信表明演説を11日に、衆参の各党代表質問を14、15の両日にそれぞれ行うことを提案した。

【関連記事】
稚拙な与党、動けぬ野党 国会会期延長めぐりにらみ合い
国会会期延長 にらみ合う与野党
民主新執行部 党運営刷新で「脱小沢」アピール
新内閣が本格始動 早くも“菅流”? 取材は受けず
亀井氏、郵政法案先送り論牽制 「公党間の約束から逃げるなら立候補の資格なし」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

「準非常事態」宣言…口蹄疫で鹿児島県(読売新聞)
仙谷官房長官「首相とどなり合いしばしば」(読売新聞)
枝野氏、経団連に就任あいさつ(時事通信)
介護疲れで無理心中=84歳の母死亡、長男逮捕―兵庫・加古川(時事通信)
30分前に不審男目撃 東大阪の中古車店長切りつけ事件(産経新聞)

沖縄の牛は陰性(時事通信)

 沖縄県内の牛1頭がよだれを流すなど口蹄(こうてい)疫に似た症状を見せていた問題で農林水産省は1日、感染が拡大している宮崎県以外から持ち込まれた検査検体からは陽性反応は出なかったことを明らかにした。石垣市の農場で飼育されている雌牛によだれや微熱が確認されたため、東京の研究所で遺伝子検査を行っていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
沖縄でも口蹄疫か=牛1頭がよだれ
感染判定は「今週がめど」=優良種牛5頭の口蹄疫検査
来月4日にも制限解除=宮崎県えびの市圏域
優良種牛5頭、遺伝子検査を延長=さらに1週間は経過観察

高校でO157集団感染=生徒220人症状訴える―三重(時事通信)
民主党 幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性も(毎日新聞)
民主衝撃、比例投票先は自民下回る14%(読売新聞)
歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
<リニア中央新幹線>迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)

「頭越しだ」沖縄県知事が日米共同声明に不快感(産経新聞)

 沖縄県の仲井真弘多知事は28日午前、米軍普天間飛行場移設に関する日米共同声明発表を受けて、都内で記者団に対し「(共同声明の内容を)実行するのは極めて厳しい。地元との十分な意思疎通を欠き、頭越しの印象を持つ」と不快感を表明した。

【関連記事】
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」
米政府は共同声明をひとまず「歓迎」、鳩山政権には見切り
「こんな総理、かなわんわ…」 鳩山発言に石原都知事激怒 全国知事会議
福島党首、普天間対応めぐり「党内分裂は考えられない」
普天間移設先は「辺野古崎」周辺 1800メートル滑走路 日米が共同声明
iPadが上陸

<普天間移設>外相「追加アセスも」 「環境型」念頭か(毎日新聞)
「自分の言葉守れず、心よりおわび」首相会見(読売新聞)
御殿場女性遺体遺棄、前夫を殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
亀井氏は首相の続投を支持 長妻氏も「職務貫徹を」(産経新聞)
文科相に意見交換提案=大相撲組員観戦で―国家公安委員長(時事通信)

アリコ流出情報を不正利用で男女逮捕へ 警視庁(産経新聞)

 外資系保険会社アリコジャパンの顧客情報が大量に流出した問題で、流出した情報の不正利用に関わったとして、警視庁捜査2課は20日、詐欺の疑いで、30代の男女2人の事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 同課などによると、流出した顧客情報を使って商品が購入される被害があり、2人も一部関わっていた可能性が高いという。同課は他にも関与している人物がいるとみている。

 カード情報の流出は昨年7月に発覚。平成20年3月〜5月までの間に、中国内の業務委託先を通じて約3万2千件が流出し、約6600件の不正利用が確認されていた。

 流出していたのは、平成14年7月から20年5月までの期間に直接契約を申し込んだ顧客のうち、クレジットカードで保険契約の保険料を支払い、証券番号の下1けたが「2」か「3」の契約者。

 同社は今年2月、情報管理体制に不備があったとして、金融庁から業務改善命令を受けていた。

【関連記事】
アリコ社長 情報漏洩問題で謝罪会見 引責辞任せず
日大“激震”不祥事資料が流出…セクハラ実名、大麻、ハレンチ写真
やずや就活動画流出 不採用学生“再挑戦”ネット投稿
金融庁 情報漏洩問題でアリコジャパンに業務改善命令
日大の内部情報がネット流出 職員の住所録など1万3千人以上
中国が優等生路線に?

クリントン米国務長官、21日に来日(読売新聞)
昭和大で新型インフル集団発生―山梨県発表(医療介護CBニュース)
「普天間」早期解決、元米国務副長官が強調(読売新聞)
違法薬物「RUSH」9千本販売 無職男を逮捕(産経新聞)
<両陛下>カンボジア国王にお別れのあいさつ(毎日新聞)

「としまえん」で遊具から生徒転落 「怖くて二度と乗れない」(産経新聞)

 楽しいはずの遠足が一転して惨劇に変わった。7日、「としまえん」に遠足で訪れていた特別支援学校高等部の男子生徒が遊具から落下し重傷を負った事故。「怖くて二度と乗れない」。事故を目の当たりにした来園者はショックに身を震わせた。

 来園者によれば、アトラクションの台座が地上数メートルまで上昇した稼働直後、座席から突然、男子生徒が立ち上がろうとした。次の瞬間、男子生徒は地上に落下してあおむけに横たわり、そのまま動かなくなった。

 としまえんでは、係員は稼働前、体を抑える座席の安全バーが固定しているのを確認したとし、営業前のテスト運行でも問題はなかったとしている。786人が来園していたが、フライングカーペット以外は通常通り営業を続けた。

 埼玉県から遊びに来たという県立高校1年の女子生徒(15)は「(フライングカーペットに)乗ろうとしたら救急車や消防車が来て騒然となっていた。怖くてもう乗れない」と、声を震わせた。

 としまえんでは、「一日も早い回復をお祈りする。原因を調べた上で、取るべき対策を講じたい」としている。

【関連記事】
「としまえん」遊具から15歳少年転落 フライングカーペット、数メートル下に
深夜のとしまえんで盗み繰り返す 少年6人を逮捕
私服警官を客引きした風俗店「年増園」店長の男を逮捕 千葉
転落死の男性は愛知の鉄道ファン 群馬・渋川
ベッドで飛び跳ね…4歳女児、ホテルで転落死

羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦(時事通信)
格差是正へ雇用基本法=参院選公約に盛り込み検討−民主党(時事通信)
「肩代わり」健保法改正案が成立−12日参院本会議(医療介護CBニュース)
神奈川県副知事に黒川氏(時事通信)
普天間、決着先送りに言及=官房長官(時事通信)

民主県連を脅迫した元外務省職員に罰金30万円 栃木(産経新聞)

 元外務省職員が、民主党栃木県連事務局に電話をかけ、職員を脅した事件で、宇都宮区検は28日、脅迫罪で、元外務省職員で無職、江田龍太郎容疑者(55)を宇都宮簡裁に略式起訴した。同簡裁は同日、江田被告に罰金30万円の略式命令を出した。江田被告は即日納付したという。

 起訴状によると、江田被告は今年1月12日、自宅から宇都宮市桜の同事務局に電話をかけ、「街宣車を持ってこれる。車で突っ込んでやろうか。爆弾を仕掛けてやろうか」などと脅迫したとされる。

【関連記事】
「俺は右翼だ」民主党脅した元外務省キャリア“変人”ぶり
民主党栃木県連に脅迫電話、元外務官僚の55歳男逮捕
新しい政治のあり方とは? ネット選挙運動、議員もユーザも熱い議論
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」
小沢邸に“火炎瓶男”出現 酒瓶持ち「これを投げるぞ!」

船舶検査受検と救命胴衣の着用の徹底を(レスポンス)
首相動静(4月27日)(時事通信)
無罪の元会長「最初から石井一議員と厚労省に絞り聴取」郵便不正(産経新聞)
首相を批判「有力者頼み」=自民・石破氏(時事通信)
上田ファンなら暗証は誕生日…現金引き出し逮捕(読売新聞)

空自の緊急発進、昨年度299回=ミサイル発射前後の北朝鮮機に8回(時事通信)

 防衛省の統合幕僚監部は15日、航空自衛隊機が2009年度に領空侵犯の可能性がある国籍不明機に緊急発進(スクランブル)したのは299回だったと発表した。
 前年度より62回増加し、14年ぶりに300回を超えた07年度並みの件数。領空侵犯機はなかったが、昨年4月の北朝鮮による弾道ミサイル発射前後、同国機とみられる航空機に8回の緊急発進をした。 

<火山噴火>関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
大島高副校長が酒気帯び=事故で軽傷、容疑で書類送検へ−警視庁(時事通信)
東京都練馬区の弁当店に強盗 60万円奪われる 警視庁行方追う(産経新聞)
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)
<貸倉庫殺人>容疑者の一部、殺害認める 3遺体の身元確認(毎日新聞)

手数料隠しで実刑判決(産経新聞)

 キヤノン関連工事を斡旋(あっせん)した見返りに大手ゼネコンから得た手数料を隠し計約10億円を脱税したとして、法人税法違反罪に問われた「浪速コンサルタント」(大阪市)元社長、難波英雄被告(62)の判決公判が12日、東京地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は懲役1年4月、罰金1億円(求刑懲役2年、罰金3億円)を言い渡した。

時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
<春の高山祭>小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
米大統領「5月末決着」厳しく迫る…非公式会談(読売新聞)
<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)

支援者「再審開始すべきだった」=名張毒ぶどう酒報告会−名古屋(時事通信)

 名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求で、最高裁が名古屋高裁に審理を差し戻したことを受け、奥西勝死刑囚(84)の支援団体が7日夜、名古屋市内で報告集会を開き、支援者からは「最高裁は自ら再審開始決定をすべきだった」との声が上がった。
 集会には支援者約30人が参加。弁護団から最高裁決定の内容について説明があり、鈴木泉弁護団長は「読めば読むほど、なぜ再審開始決定ではないんだという思いを強くした。『疑わしきは被告人の利益に』という鉄則がある以上、再審開始決定がされて当然だ」と語気を強めた。
 奥西死刑囚と7日午後に面会したばかりの特別面会人、田中哲夫さん(47)は奥西死刑囚の様子を報告。「一晩過ごされてどうですか」と聞いたところ、同死刑囚は少し顔を曇らせ、「どうして再審開始決定にならなかったのかな」と答えたという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
3邦人、8日にも死刑執行=報道規制で世論刺激回避

「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷(時事通信)
地域主権3法案、審議入り(産経新聞)
新党結成へ5日夕最終調整 平沼、与謝野氏ら(産経新聞)
【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(4)(産経新聞)
<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)

闇サイトを狙い撃ち 警視庁「ネットハンター」発足(産経新聞)

 インターネット上で犯罪の共犯者を募集する闇サイトなどを取り締まりを強化するため、警視庁は5日、犯罪抑止対策本部に「違法・有害サイト対策専従班」を設置した。同班の捜査員28人のうち21人は、闇サイト対策専門の特命チーム「ネットハンター」として、「闇の職業安定所」などの取り締まりに当たる。

 同本部によると、闇の職業安定所などの闇サイトは、共犯者を簡単に集められるため、犯行の集団化や凶悪化を招くほか、犯罪に加わる意思のない一般の市民が犯罪に手を染めるきっかけにもなる。

 ネットハンターは、共犯者募集行為の疑いがある書き込みを検索。身分を隠して投稿者と連絡を取る“潜入捜査”で検挙を目指す。

 発足式では、池田克彦警視総監が「犯行加担者募集サイトは治安対策上、看過できない大きな問題となっている。都民・国民の要望に的確に応える警察活動を展開してほしい」と訓示。

 同班の花田泰三警視は「都民や国民が安心してインターネットを利用できるよう一致団結して職務に邁進(まいしん)する」と決意を述べた。

【関連記事】
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”
AKB人気に便乗…相次ぐ犯罪、悪質化も
中国人留学生が夢中になったネット犯罪の魔力とは?
最高裁がネット中傷を「有罪」判断 書き込みに「裏付け」必要…ネット表現の未来は?
なぜ赤の他人が? 分からない「デジタル・ネイティブ」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

国内2例目のロタウイルス胃腸炎の予防ワクチンを承認申請―万有製薬(医療介護CBニュース)
GW長い休み取りやすい、海外旅行4・3%増(読売新聞)
<わいせつ行為>国交省係長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
もんじゅ「安全規制を着実に」 21年版原子力安全白書(産経新聞)
宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
カードでお金
債務整理無料相談
モバイル ホームページ
即日現金化
携帯ホームページ
出会いランキング
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM